九州・福岡のローカルバイク情報を発信。特に市内の駐輪場情報を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本家更新 

がんばったよママン

てことで、ようやっと本家サイトを更新しましたー。

今回の目玉?は、中洲地区の追加と未確認だった天神地区の駐輪場の追加、あと画像や各種情報の更新も行っておりますです。

あと、よーやっと仕組みがわかって導入できた、GoogleMapを使った地図も設置しました。
他のブログで見かける度に、どーやって設置するのか謎だったのさ・・・

しかし、更新作業をしていて改めて天神地区は、結構駐輪場が増えたなーと。
それに対して博多駅周辺の泣ける事といったら・・・
せめて新博多駅舎に期待したいところだけど、どーだろうか。

その他、天神・博多駅・中洲以外の自動二輪OKの所も追加しとりますです。
特にこちらは皆様の情報が生命線ですので、ご協力よろしくお願いいたしますです。


で、先程久々に揺れましたね。
震度2と「まもるくん」からメールきました。
ネットの画像見てた時だったんですが、いやそれでも地響きみたいなのが聞こえてきて、おや?と思った所にグラっとですから。
心臓に悪いってもんじゃないですよ・・・・・_| ̄|○

福岡西方沖地震から2年たっても、未だあの恐怖は忘れられないんだなぁ・・・・・

スポンサーサイト

冷泉公園に行ってみた

先日から続く不連続しりーず「ほっとけ(ry」・・・じゃないですけど、引き続き。

読売、KBC、西日本新聞と3連続で不法駐輪の代名詞とばかりに、やり玉に上がっていた冷泉公園。
そんなに酷い状況なのか?と思ったので、ならば現場主義で自分で確かめるべと、見に行ってみました。

冷泉公園はどんたくとか、追山の時に位しか行かないので久々でした。
さて、現状ですがこんな感じでした。

冷泉公園
場所的には報道で掲載されてた画像と同じ所です。
ただ、当方の撮影位置は、報道画像の位置よりも下がった位置じゃないかと。
冷泉公園2
こちらは上の画像の後ろ側。
冷泉公園3
公園の外から。

確かに公園周囲にそってバイクと自転車がずらり。
ぱっと見ですが、撮影したこの場所はバイク率が高く、他は自転車率がたかいですかねぇ。
本当なら排気量別で台数を数えた方がいいんでしょうが、そこまで時間がなかったのでご容赦を。
でも、比率的には原付と250が多かったかな。
またMTバイクよりも、スクータ、ビックスクーターが多いかなーと。

確かに駐輪しているバイク・自転車は多かったですが、苦慮されている近隣の方には申し訳ないけど、これ博多駅裏手でもよく見かける光景のような・・・。

決して肯定はしませんが、でも駐輪したくなる気持ちも分からないでもなく。
・・・実にとめやすそーな作りなんですもの。
私が見ていた僅かな間でも、ピックスクーターが3台駐車して行きまして。
公園内の「駐輪できません」という警告看板がむなしく見えた・・・。

ちなみに文句なしに駐輪できるリバレインにある川端駐輪場は、ここから直ぐだったり。但し自転車・原付のみ。
自動二輪可のリバレイン地下駐車場やゲイツも、そんなには離れてないかと。

さてさて、確かに冷泉公園は決して良い状況とはいえませんでした。
公園内には近隣駐輪場の案内看板もありました。
片隅にだけど。

うーん。
モラル不足+広報不足+駐輪・自動二輪OKの駐車場不足、の嫌なスパイラルが起きてるんじゃないかと、勝手に憶測。
どうでしょ?


なお、謎報道で出てきてた、読売の1847台とアサデスの3000台という数字。
一体どこからでてきた数字なんだと突っ込んでおりましたが、その後機械があり、問題地区を管轄する博多区役所の維持管理課の方に伺ってみまして。

まず読売新聞からは取材を受けられたそうです。
その際、冷泉公園近隣での自転車・原付含めた駐輪可能台数が、読売で報道された1847台という数字との事でした。

なんで、手元資料のみですが、冷泉公園のある中洲地区での受入可能台数をざざっと計算してみた。


 ・川端駐輪場 総数454台分(原付のみは57台分)
 ・川端地下駐車場 40台分(自動二輪可)
 ・中洲第一 32台分(自動二輪可、でも11台分は月極利用中)
 ・ゲイツ(正面 51台分、裏側 バイク21台分、自転車 100台ぐらい?)

ゲイツは旧玉屋跡地にできた商業施設で、明治通り側に51台の有料駐輪場があるんですが、裏側にもひっそりと21台分ぐらいがありまた、自転車用のも立派なのが多数設置されてます。
自転車の台数は数えてないのと資料がないので、予想数値ですので。

で、不明なゲイツの自転車用を除外して、合計598台。
自転車・原付と月極利用分を除外した、純粋に自動二輪が駐車できる台数は、133台。

さて、これを多いとみるかどーか。
てか、1847台にするには博多駅周辺のまで勘定しないといかないよーな・・・
もしかして清流公園のも勘定にいれてるのかしらん。
そうだと数字が跳ね上がりますな。

更にアサデスの3000台という数字は天神地区まで入れないと行かないんじゃないのかなぁ。
あ、アサデスと西日本は博多区役所へは取材にきてないそーです。念のため。市の土木局の方でしょうね。

駐輪可能台数は間違ってはないのかも知れない。
でも、可能とした駐輪場位置の範囲や、可能車種については一切触れないという、嘘はいってないけど真実でもないという、なんとも違和感の残る内容で。
ちなみに私もひとくくりに「駐輪」といってますが、自転車・原付は同じ扱いなので「駐輪」だけど、それ以上は車と同じ扱いになるから、正確には「駐車」になりますです。
まあ、この区分は法律によって違ってもいますが。

さてさて、以上が当方が見てきて調べた結果っす。
皆様のご感想やご意見、お待ちしてますです。


あ、忘れる所だった。
清流公園駐輪場へのバイク駐輪が駄目になった事をうけ、現在原付専用(自転車は不可なのよん)の駐輪場が只今工事中。
で、ついでに見てきましたw

中島公園駐輪場(工事中)  

連休明けの完成を目指しているそーで。
・・・・5月中旬ぐらいかな。
完成したら、また見に行きます。

不法駐輪問題キャンペーン中?

先日の読売新聞、KBC「アサデス。」に続き、西日本新聞でも不法駐輪問題を取り上げたそーで。
ナメッチさん、情報多謝。(By ナメちゃんの雑記帳)

既にナメッチさんが突っ込まれてますが、私も突っ込まずにおれなかった。

まずは問題の記事はこちら
 西日本新聞[路上バイク監視強化で公園占拠 放置解消へ社会実験 来年3月まで福岡市 継続も検討]

ツッコミ処を上記記事から引用します。


自転車の次は放置バイク対策―。都心部でオートバイやミニバイクの違法駐輪が増加する中、福岡市は4月から、市営駐車場に自動二輪車用スペースを確保したり、短時間の利用に便利な駐輪料金体系に変更するなどの社会実験をスタートさせた。
ほほぉ。
スタートしたことを市民が知らないと、まったく意味がないように思えるんですがねぇ。
つか、根本のバイク(自動二輪)が駐車できる場所が少ないって事は無視ですがそーですか。


市土木局によると、自動二輪用の駐輪場は現在、公営、民間ともにあまり利用されていない。
だって広報してないじゃーん。


自動二輪専用スペースを設けたのは博多リバレイン地下3階の市営川端地下駐車場(同市博多区)。暫定的に40台分確保した。

市営博多駅駐車場(博多区)の自動二輪用スペース(10台)でも、1時間100円としていた現行料金を30分50円に変更。
だから広報不(ry
リバレインのは4月1日からスタートするなら、もっと事前に市制だよりでもニュースででも、周知させる事はできたでしょーに。
あ、市政だよりは結構ちゃんと読んでる方なんで。
私も知ったのは、川端駐輪場の入口横にぺたっと貼ってあった案内1枚を偶然みたからですし。
よく利用する人は、入口横の料金表なんか確認しないですよ。もっとベタベタ貼って宣伝しまくればいいのに。

博多駅の市営のも初耳っす。今度見てこよう。
ちなみにここの周辺はよく徘徊してますが、そのような案内は見たことありません。ええ。

市は条例で公園内のバイク乗り入れ、駐輪を禁止。違反すれば5万円以下の過料を課す罰則規定も設けている。それでも監視制度が強化されて以降、冷泉公園(同市博多区)に駐輪バイクがずらりと並ぶなど、目に余る違反行為が続出。同局は「歩道上の駐輪バイクが公園に逃げた結果では」と分析する。
そんなもん、素人の私でもとうに予見できてたんですが。
駐禁取締が厳しくなれば、取締対象のバイクが何処に逃げるか、わかりそうなもんでしょ。
対策として掲げてる公園内の乗り入れ禁止の罰則規定も、実行しなければ絵に描いた餅状態ですし。違反取締した事あるのかいな。


天神の警固公園では中央区が本年度からバイクなどの乗り入れ防止策を検討。入り口に専用の支柱やチェーン、花のプランターを置くことなどを官民で計画する。ただし抜本的解消を図るには、かつて全国ワーストを記録した放置自転車対策と同様、「利用者のマナー向上」(市幹部)が欠かせないといえそうだ。
なんでもモラルで片付けてりゃ楽ですな。
自転車の違法駐輪が全国ワーストを返上できたのは、利用者のモラルが向上したのではなく、物理的に利用しやすい駐輪場が増えたからでしょーに。
あと、有効だったどうかは激しく疑問だけど、チャリズエンジェルとかで広報活動も積極的でしたしw(今もいるんかいな?)

しかし冷泉公園はよくやり玉に上がりますねぇ。
そんなに現状ヒドイんでしょーか? 見に行ってみようかな。


前にも書いてますが、公園や一本入った路地などへの不法・違法駐輪が増えたのは、よく知ってます。
ライダーのモラルも高いとは言わない、言えやしない。
でも、ならば不法駐輪のバイクが確実に駐車できる場所は、果たして本当に用意されてるんでしょーか。

無いのは分かってるんですが。(調べたし)

いっそ、一度本気でライダーが集まって全ての駐輪場を満車にしてみませんかね?
特に冷泉公園に駐輪している皆様。
不法不法と騒ぐなら、駐輪場利用してやろじゃないかオラとばかりに、一斉に出向き、本当に全てを収容しきれるのかどーか。
バイクに限ってならばまだ可能じゃないですかね?
実行して全てが納まれば、それはそれで良し。
が、収容しきれなかった時の市のコメントを激しく聞いてみたいw


それと問題の一因には、市の広報不足もあげられます。
バイクの駐車場情報って、市が出してるのは、福岡市市役所の奥底にある土木局のページで、ひっそりとPDFファイルで配布されてるだけですよ。
あんなもん、私みたいに気にしてる人間ぐらいしか気がつかないんじゃないのか?
あまりにも情報がないので自力で調べたのが、そもそものうちのサイトの始まりですし。

自転車・原付は「チャリエンTOWN」がありますが、いやこのサイト。
前から思ってたんですが、やたら見にくいったりゃありゃしない。
アクセシビリティって言葉しっとりますか?(人の事はいえないけど)

そもそも土木局がサイトで配布している駐輪場マップも、リアルで配布されてるのって、天神交番でしか配布されてるの見たことないですし、そもそもマップを作成したのは中央署のよーですし。
だって、情報の更新しないし、あってないし。


市ができる不法駐輪対策でまず手っ取り早くできるのは、市内全域の自動二輪駐車マップの作成と周知広報。
これは市政だよりに入れて配布したり、天神・博多駅など繁華街の各所で配布するのも無理はないかと。

次に、全ての市営駐車場が市営川端地下駐車場と同じ様に、バイク駐車を受け入れる事。
別に特別な装置も施設も必要ないでしょう。
川端のも、管理人室近くの駐車スペースに「バイク用」と書いた表示と、コーンで区切ってるだけなんですから。

あとは民間の駐車場や、これから建設される施設にきっちり、駐輪場とバイク用駐車スペースを確保させるよう徹底。
駐車場法の改正で、自動二輪は車と同じ扱いとなりましたから(原付は自転車扱い)、車と同様に駐車施設を確保しておかないと法的に駄目なんですよね、たしか。

でも対策として実行するのは、排除する為のものだけですかそーですか。
ありがとうございました。


しっかし、読売、KBCと続いて西日本新聞のこの記事。
殆ど内容は似たり寄ったりで(まあ扱う問題が同じだからってのもあるでしょうが)、なんか、バイクへのネガティブキャンペーン中なのかと思いたくもなりますよ。

今、本家の情報を最新版にすべく、もっか作業中ですが、やっぱり足りないと思いますよ、駐輪場とバイク駐車スペース。
いっそ、全部の駐車可能台数計算して、カウントダウンしてやろーかしら。


天神駐輪 最新情報

先日の謎報道に触発され、本当に天神・中洲地区に1847台や3000台の駐輪スペースがあるのか、実際に見て回ってみました。
ま、頂いてた新たな情報を確認するというのが本来の目的ではあるんですが(^^;

で、結果からいいますと、確かに中洲地区の駐輪場スペースは増えてました。
が、それでもやっぱり1847台やら3000台という収容数は確認できまへん。

詳しい情報は作成できしだい、本家にも追加しますが、とりあえず情報だけ。


まず、無料で駐輪できていた中洲・那珂川沿いにある「清流公園駐輪場」が、不法駐輪の増加に伴い、自転車のみが駐輪できるように、バイクの進入柵が設置予定と掲示がありました。
区役所曰く「原付バイクおよび自動二輪による野放図な不法駐輪、駐車」だそうで・・・・
でもあれここ、元々自転車のみってなっていましたっけ?
原付まではOKだったような・・・・
ともかく、今後清流公園にはバイクの駐輪は一切出来なくなる模様です。本家サイトの情報も後で修正ときます。

その代わり、中洲地区の駐輪スペースは増えてます。

まず、原付は博多リバレインに市営の駐輪場。
それ以上の自動二輪も、玉屋跡地にオープンした「gate's(ゲイツ)」に駐輪場が設置されてます。
余談ですが、初めてゲイツに行ってみたら、1階にフェラーリやらポルシェやらがw 今度じっくり見に行こうっと。

また、4月1日より市営川端地下駐車場(博多リバレイン地下駐車場)に自動二輪が駐車可能になってました。
台数は40台ぐらいがOK。無論、原付以上の大型バイクも止められますです。
ここは偶然、川端駐輪場を見に行った時にあった掲示でしったのですが、駐車場の管理の方に伺ったところ、まだ3台ほどしか利用がないとか。

コレに関連して、市営駐車場についてググってみたら「福岡市営駐車場条例」というのを見つけまして。

読んでみると、こんな内容がありまして。

第2条の2 駐車場の利用の対象となる車両は,次に掲げるとおりとする。
(2) 自動二輪車(道路交通法(昭和35年法律第105号)第3条に規定する大型自動二輪車(側車付きのものを除く。)及び普通自動二輪車(側車付きのものを除く。)をいう。以下同じ。)(平成14条例27・追加)


なるほど、しっかりと市営駐車場には自動二輪、バイクが駐車できるとなっとるじゃありませんか。
既に実施されてるのは、市営博多駅駐車場にある二輪専用駐車場のみでしたが、これに川端が加わったと。
川端のも車用の駐車スペースをそのままバイク用として利用しただけですので、この方法ならば他の市営駐車場に限らず、民間の駐車場でも十分いけるんでないかと。

てか、H14年には追加されてたんなら、もっと早くに対応できたでしょうに・・・・・。


つーか、明かに市の広報不足。


と、まあ。
半日掛けて自転車ちゃりちゃりと走らせて個人がぐるっと回っただげでも、この程度は情報が集まるってもんです。
1847台とか3000台と言ってたマスコミ側の方々は、実際に1箇所でも見て回ったんでしょーかね?

ただ、バイクの駐車スペースが少ないと言うだけの問題でもないのは確かです。
ライダー側のモラルもあって然るべきものだし、これが希薄なのも問題かと。
実際、天神中心部の駐輪場を幾つか実際に見てきましたが、土曜日の昼間、結構人も車も、路上の自転車も多いにかかわらず、自動二輪の駐車スペースは、空いている所も結構ありました。

全部のバイクが駐車できるスペースが無いのは分かってます。

でもね、それは全ての駐輪スペースが満車であふれかえり、駐車することが出来ないっていう状態である、というのが前提でないと。

まずはちゃんとバイクOKな駐車場を利用しよう。駐輪しよう。
そして行政に文句を言おう。
バイクが駐車できる場所を増やさんかい、と。

新聞が報道する「1847台収容」できる駐輪場の謎

燃料投下を頂戴いたしましたので、引火してみますw

以前も博多駅周辺の駐輪場問題をとりあげられていた「Birth of Blues」kingcurtisさんからのコメントで今回の問題記事を知りまして。

Birth of Blues:「博多区冷泉公園をオートバイが占拠 1847台分の駐輪スペースは常に空き状態」と、読売を通じ福岡市公園管理課が狡猾な情報操作

問題の読売新聞の記事はこちら


[駐車監視員恐れオートバイが公園占拠、即座撤去できる法令なし…福岡]
改正道交法で駐車監視員制度がスタートした昨年6月以降、福岡市でオートバイ、ミニバイクの大群が公園を占拠、駐輪場と化している。
市によると、冷泉公園から半径300メートル圏内には計5か所の有料・無料駐輪場(計1847台収容)がある。
“満車状態”の公園とは裏腹に、いずれも常に空きスペースがあり、市公園管理課は「市としては違反車両に駐輪禁止の札を付けて、正規の駐輪場への移動を呼びかけているが、効き目がない」と実情を語る。(読売新聞より引用)


私は深い考察なんて出来る脳はもってないので、記事を読んだまんまの感想は。


どこに1847台も収容できる駐輪場があるんよ。


もうこの一言。
確かに昔々に比べて徐々に駐輪場は増えていってはいます。



自転車・原付のみって所が。




原付以上のいわゆる自動二輪(小型~大型)が止める事のできる駐輪場って、どんだけですか。
一番多い天神地区でも、手元の資料で100台程度、市の土木局が出している資料でも150台程度しかないんですな。

そう、新聞や市が言っている1847台収容できる駐輪場ってのは、殆どは自転車・原付という罠。

記事写真にあるようなバイクは駐輪したくとも駐輪できる場所がないのが現実。
記事では冷泉公園がやり玉にあがってますが、天神地区より更に駐輪場が少ない博多駅周辺なんか、自転車の駐輪施設ばかりが充実していって、予想通りに周辺公園や路上にバイクがあふれかえっとりますが。
最近なんて、歩道にある路上駐輪場の所に一見なんでこんな所にパーキングエリアの標識? と思った、青地に白抜きで「P」という標識というか表示がずらっと並んでいて、こんなものに予算つぎ込むならもっと他の所に使えよと。

ちなみに博多駅周辺での自動二輪駐輪可能台数は40台前後。
どないせぃっちゅーねん。

無論、路上や公園、私有地への無断駐輪は違法ですから駄目ですよ。
でもね、ならばちゃんとお金払ってでも駐輪したいと思っても、肝心の駐輪場がなけりゃ、どーしようもないんですコレ。

じゃぁ冷泉公園に違法駐輪してるバイクが全て駐輪できる場所が本当にあるのかどうか、市と読売新聞のこの記事かいた記者に激しく聞いてみたいというか、説明してくれ納得いく説明を。

≪4/12 追記≫

そらまるさんからのコメントと、「Birth of Blues」さんの該当エントリーの追記から、12日KBCの朝の番組「アサデス」で、同様の駐輪場問題についての報道があったそーで。

 駐車可能台数が3000台へと大幅アップするオマケ付きで

一体どこから湧いてでてきたんでしょーか3000台という数字。
謎が謎を呼びすぎる。

こちらもアサデスを含めた今回の報道についてエントリーされてます。

[ナメちゃんの雑記帳 :「アサデス。KBC」今朝コレコーナー「自転車が公園を占拠」にみる認識のギャップ]

福岡市図書館 新システム稼働

今日から4月。 新年度スタートですね。
・・・・仕事のことは忘れよう、うん。

新年度ということではないでしょうが、今日から福岡市総合図書館および、各分館に新しい図書システムが導入され、今日からスタート。
前から個人的にちょっと興味のあった、IDタグを利用した新システムを導入したんですよね。
そのために以前よりせっせと職員の方が全ての本にIDタグを付ける作業されてるのを、よく見かけてました・・・本当にお疲れさまです。

さてさて新システム。どう変わったかといいますと

*自動貸出機の設置
*インターネット利用可能のPCを設置(総合のみ)
*新しい検索装置の設置(漢字変換できるようになった。キーボード入力可能なPCタイプの検索機も設置)


ちょうど分館に行ってみたので、早速体験してきましたよ。

自動貸出機は、借りたい本をどかっと機械の上に置き、カードを差し込むだけで貸し出しが可能というもの。
以前のように貸し出しカウンターに並び、1冊1冊バーコードを読み込んで手続きするのではなく、どかっとまとめて置くだけでOKという代物。
今回の一番の目玉かと。
ただ、IDタグの認識能力がかなり高いようで、我が家のようにまとめて20冊とか大量に借りる場合は、まず1枚のカードで貸し出し可能な10冊分を置いて手続きし、その後機械から完全に離しておいて、残りの分を手続きする、・・・という手間が少々かかります。
うっかり近くに貸し出し済みの本を置くと、その分も認識しちゃうそーで。
また、先に何冊か借りているとその分を差し引かないといけないので、貸し出し可能冊数を把握しておくのも必要かと。

我が家の様に家族分複数のカードで大量に借りる場合は、今まで通りカウンターで貸し出し手続きした方がよさそうです(^^;
10冊までなら、この自動貸出機は便利かと。

インターネットの利用可能のPC設置は嬉しいですね。
総合にはまだ行ってないので、どのような状態で使えるのかは分かりませんが、この前北九州の中央図書館に行った時に、このようなネット可能なPCが無料でつかえて、かなり便利だったので、こんなのが福岡にも欲しいなーと思ったもんです。
ただ、本当に調べ物で利用したい人が利用できるかどうかが不安ですが。学生が占拠しなきゃいいんですが・・・・
まあ、掲示板の書き込み不可などの措置はとられてると思いますけどね。

新しい利用者用検索機の設置は、格段に探しやすくなったかと。
PC版のは同じシステムがネットからも利用可能です。(こちら
今までの検索機と見た目が同じ新型機もですが、キーボードに慣れた人ならPC版のが楽かと。
でも、個人的にはキーボードがローマ字入力ってのが辛かった・・・・わたしゃカナ入力の奴なんですよ _| ̄|○
検索も早くなったし、プラスもあるんですが、ちょいとマイナスポイントも。
検索結果をプリントアウトして、予約しようと思ったら、シリーズものの小説などの場合、メインタイトル以外にサブタイトルがよく付いてるんですが、このサブタイトルが検索結果に印字されないのは困った。
まあ、予約時にタイトルコードを入れるので間違いはないのでしょうけど、どれがどれなのか分からなくなって困った。
それに、このタイトルコードが印字結果には、バーコードの下に小さい数字で、しかもAから始まる先頭3桁と後ろAを外した数字を書けってものだから、これは慣れない高齢者の方にはキツイような。
最初からこの印字結果と連絡先だけ出せばいいようなシステムにならんかいな・・・・。

他は利用者側というより、図書館側のシステムですが、入口に貸出確認装置が設置され、勝手に持ちだそうとするとアラームがなるという。
総合には以前からありましたけど、これが強化され各分館にも設置。
これがあれば、この前どっかの図書館から盗み出された大量の本が、捨てられてた、っていうような事件は起こりにくいかな。

あと、受付システムのパソコンとシステムもリニューアル。
ようやくフルカラーの普通の画面になってました(笑)
以前はDos時代か・・・といいたくなるような、黒画面に白い文字というようなものでしたから。
カウンターの貸出システムもIDタグで、どどんと置くだけに。10冊までは読み込めるんですが、慎重なのか今は5冊づつやってました。慣れたら一気になるかなー。


とまあ、数年前に仕事がらみでRFIDのシンポジウムやら、展示会やらに行ったことがあったので、あの頃に見た図書システムが本格稼働する姿は、ちょっと感動もんでした。
もっとシステムが進めば、図書館内に今読みたい本が何処にあるのか、所在地も確認できる事も可能。
本来の書棚に戻らなくて行方不明の本も一発で探せるという。
検索で在庫有りなのに、見つからないジレンマが解消されるわっ。


今日は流石に新システム初日ってことで、利用者側も図書館側も慣れていなくて、分館でも色々とトラブルが発生してましたが(私も自動貸出機でてこづった)、慣れれば大丈夫かと。

この全てのシステムはNECが納めてるようで、トラブルに対処できるようにか、分館にも数人のNEC社員が詰めてたのも印象的だったなー。(そんな所ばかり見てるのか己)

今度は総合で試してみようっと。

(しかし語りすぎ)
プロフィール

はたけ

  • Author:はたけ
  • 九州・福岡に生息するライダーもどき。
    同名の本家サイトで福岡市内のバイク駐車情報を掲載しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。