九州・福岡のローカルバイク情報を発信。特に市内の駐輪場情報を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇皇后両陛下の来福

今朝、いつも通りバイクで走ってましたら、薬院で警察が通行止め規制してて、道路は大渋滞。
そーいや29日から天皇皇后両陛下が福岡に来られていて、ホテルニューオータニに宿泊されてるんでした。
ちょうどホテルから出発される時間帯だったよーで、渡辺通は全て通行止めの規制が入ってた所にぶちあたったよーで。

けど、その時私と同じくスクーターなどのバイク組は、車と違い間を抜けて先に行けるので、信号変わって行こうとしたら、一人の警察官にすごい勢いで

「通行止め!こっちは行けない!」

と、笛とゼスチャー付きで怒られていた。
ただ、その抑制をすり抜けて走っていく人もいるんで、ありゃ私はどーしよーかなーと、ちょっと先に進むと、同じように怒声が。


が、直ぐに別の警察官がやってきてくれて

「もうすぐ天皇陛下が出発されるので、先が全て規制されてるんですよ。すみませんがお急ぎなら、横の道に迂回してもらえますか?」

と、丁寧に事情と迂回策を伝えてくれた。
こうやって説明してくれれば、あ、そーですかしゃーないですねぇと、他のバイクも待つか迂回するかの判断ができるってもんです。
確かに規制情報確認してない方も良くないのかもしれないけど、いきなり説明無しにダメだしされるより、よっぽどスマート。
後ろの車に至っては、何でこーなってるのか知らない人もいたよーで、クラクション鳴らして文句言ってる人もいたし。

で、私は迂回ルートを選択。

しかし、裏道入りそこねて、結局渡辺通の、しかもニューオータニが真ん前の渡辺通交差点に入っちゃった。
まあ、途中にいた白バイの人に「あと規制はもう少しだから」と教えてもらったので、せっかくだからと、車列を見ようと交差点で規制解除を待つ事に。

するとまぁ、あの渡辺通が天神方面に向かって両方向とも、どどーんと空いてるじゃないですか。
車が一台もない渡辺通って初めてみたw
交差点では、歩行者も規制されていて、歩道には動けない人と、両陛下を見ようと集まった方々や、規制でピリピリしている警察官とかで、こちらもめったに見ない光景が。

200710311243022.jpg



交差点で規制していた警察官の方に、あとどれぐらいですか?と聞いたら、

「あともう少しで出発され規制解除になるので、もう暫くお待ちくださいね」

と、これまた親切丁寧に答えてくれまして。
他の待っているバイクやドライバーにも「すみません、あともう少しで解除しますので」と声掛けしていたので、皆さん静かに待機。


暫くして、ホテルからSPの黒い車と白バイ、パトカーに先導され、両陛下の乗られた車がホテルから出てきまして。
交差点で天神方面へUターンする時に、ピンク色の帽子と服を着られた美智子様が手を振られているのが見えました!
おお、なんかちょっと感動。

その後、両陛下の車の後に、これまたSPのなのか黒塗りの車とパトカーが続き、後、両陛下のお世話をされる方が乗っているのか、大型観光バス2台続き、最後に警察の装甲車? 大型車両が通って、車列は終了。

車列が通り過ぎた直後に、反対車線と私のいる右折車線が規制解除されたので、すぐさま走ると、これまた博多駅まで前に車が殆どいない道を走るという、珍しい経験ができました。

その後両陛下は都市高使って太宰府に移動し、九国を拝見されてお戻りになるとか。

29日からいらっしゃっていたのだから、今日のような渡辺通の完全通行規制は、周辺道路にも影響しまくったでしょうね。
博多駅方面も反対車線は延々と車が止まってましたし。


けど、やはり車が一台もない渡辺通というのは壮観ですねぇ。
大博通りだと、山笠の時に見る事はあるし、国体通りもどんたくであるけど、渡辺通はそうそうありませんから。


あと、警察官も対応によって好感度の差があるよなーと、しみじみ思った今日この頃でした
スポンサーサイト

志賀島ドライブ

いや~、ここの所急に涼しいを通り越して、冷えてきましたね。
メッシュのツナギを着て走る主任は、そろそろ辛そうです(笑)

で、天気も良いし久々に志賀島までドライブしてみました。
マトモに来るのは震災で通行止めになって以来かもなので、かなりのお久しぶり。
お久しぶりすぎて、金印ドックの販売場所が変わってるのに驚いたのもつかの間、中道の海岸沿いルートに、路駐はさせねぇとぱかりに、ガードレールが設置されてたのも驚きました。
今の時期ならサーフィンとかの車がびっしり路駐している光景がよくあってましたが。

しかも途中から道が変わってる?!
金印ドックが移動したのもこれのせいかと、勝手に納得。

うーむ、時代は着実に進んでいる・・・(何か違う)

自販機側にバイクが集まってる光景は前と変わらず。
うーん、私もバイクで来たかった。

右周りルートで志賀島を走れば、地震で土砂崩れし通行止めになっていた所が復旧してたのは、感慨深いものが。
のーんびりと走れば、結構なバイクともすれ違い、やっぱり今度はバイクで来ようと思ってみたり。

休暇村志賀島の所で休憩すると「コスモス広場」ののぼりが立ってたので見にいってみまして。

コスモス園


裏手まで来たことなかったんですが、こんな所があったんですねー。

コスモス


秋ですなー。


バイクもそろそろ冬装備の時期かなー。
本格的に寒くなる前に、日帰りツーリングを計画中。
目指すは呼子。
呼子の大将メモリアルツーリング(笑)

ノリック、

未だに信じられません。
なんでこんな・・・・

ノリックが交通事故で帰らぬ人に  (Moto GP速報ニュースサイト)

10月7日の午後6時20分ごろ、今年から全日本選手権に復帰していた世界グランプリライダー、ノリックこと阿部典史選手が、神奈川県川崎市の市道で500ccのスクーターを運転する途中、走行していた片側2車線の道路うちの前方左車線を走行していた輸送会社の4トントラックが違法にUターンをしてきたところに後方右車線側から衝突、約2時間半後に搬送先の病院で帰らぬ人となってしまった。享年32歳だった。

MFJ SUPERBIKE ノリックが、まさかの事故死


訃報は、朝起きがけに主任に届いたメールで知りました。
聞いた時「うそっ?!」と暫く動けなかったほど衝撃でした。
そして、現実を突きつけるように、ちょうど付けていたTVにこのニュースが流れ、真実だと。


先日、沼田選手、奥野選手と2人の選手が亡くなったばかりなのに・・・また。

しかも公道での事故死。
事故の際に乗っていたTMAXは先月納車されたばかりだったらしい。

なんともやりきれない・・・


ノリック1


個人的にノリックには、ファンの方には申し訳ないかもしれないが、レースでの有志よりも、8耐で開催していた「ノリックの親子バイク教室」の事がとても印象強い。
なぜなら、8耐でノリックがバイク教室を開催した第1回から参加していたから。
この時「一番遠くから参加したで賞」とノリックから頂いた、ヤマハのボストンバックは、今も我が家で活躍しています。

その後もご縁があり、下の子も含めて何度か参加していました。
上の写真は2006年の時のものです。

8耐でレーサーとして走って欲しかったのが本音ですが、でもこのバイク教室に参加する事も8耐観戦の楽しみでもありました。

慣れない子供達にノリックは、それはそれは優しく、そして楽しそうに話しかけて教えてくれて。
本当にバイクが好きなんだ、と。
自らお茶を配ったり、子供達にヘルメットをかぶせてあげたりと、校長先生としてだけでなく、他のスタッフの方々と一緒にそういったお世話も自ら進んでやっている方でした。
その片方で、サインや写真をとお願いするファンにも気さくに答えてあげて。

ノリック2


2005年の時は、途中で雨が降ってしまい、残念ながらバイク教室は中断してしまったのですが、待機中も子供や親の質問に答えてくれたり。
ノリパパがオートレースチームの監督で参加していた森君も呼んでくれて、会場内は大盛り上がりでした。

ノリック3



・・・・・思い出せばだすほど、泣けてくる。


大ちゃん(故 加藤大二郎選手)も向こうできっと、みんなこっちに来るのが早すぎるよと怒ってるよ。

なんでこんな立て続けにロードレース界から選手が逝ってしまうのだろう。


事故の原因究明をきっちりやってもらいたい。
プロの現役レーサーが、世界GPでチャンピオンにもなった選手でさえ、回避できなかった事故。
ライダーの腕や危険運転が原因の一つでは?とか、やはりバイクは危険な乗り物なんだ、とかいう声もやはり少しならずもあるようですが、でもそれは、本当にそうなのか?
Uターン禁止の場所でのUターンで、いきなり前方を塞がれ逃げ場が無かったんじゃないかと。
いきなり進路を塞がれたら、逃げようもありません。


やるせない。せつない。



「ありがとう、ノリック」と言うには、あまりのも早すぎる・・・っ!


でも、ありがとうノリック。


心よりノリック、阿部典史選手のご冥福をお祈り申し上げます。

日本GPのカイゼン

先日の日本GP。
TVで観戦してましたが、レース内容は延々つつぐSCにどーなるかと思ったけど、大変面白いレースでした。

が、現地に観戦に行かれた方には大変申し訳ないですが、これほどTV観戦しててよかったと思ったレースはないでしょうね。

今年からF1が鈴鹿から富士スピードウェイに移って(個人的感情からはぶんどられた)の開催でしたが、いやぁその後の騒動はご存じの方も多いのでは。

開催日前から8耐でお世話になってる「観戦塾」さんのF1版を覗いてたのですが、開催前から不安要素てんこ盛りでしたが、蓋を開けても不安と不満だらけという結果。
雨のなか情報も誘導もなく、延々と何時間もバス待ちって、富士やトヨタは観客をなんだと思っているのか。

ぐだぐた富士F1については、まとめサイトができてますので是非に。
 [トヨタの富士スピードウェイF1グダグダ運営

読めば読むほど、知れば知るほど、富士とトヨタにF1を開催する実力はないとしか思えない。
さすが天下の一流企業、トヨタ様はやることが違いますね。
来年は是非に鈴鹿へカムバックを。

もしかしたら8耐も富士に行くんじゃないかと、ちょっとだけ心配してたんですが、いやぁ絶対になさそうですね。
けど鈴鹿もカイゼンして欲しい所はあるので(特にトイレとかね)、富士のグダグダっぷりを参考にして、よりよいサーキット運営を行っていただきたいなと。


しっかしトヨタ方式というのは、本当に使えませんね。
知ればろくなもんじゃないよーですし。
上を良くするために、下を使い捨てるよーなもん。

今このトヨタ方式の被害にあっている所に、先日民営化しちゃった郵便局がありますねぇ。
郵便物1つ配達するのに何秒とか決まってるそーで、けどその計算はハガキもどでかい定形外もみーんな同じ計算なんだとか。
しかも配達先がマンションの集中ポストも、階段のぼって1件1件配達するよーな団地なども同じ扱いとか。
郵便物は部品か。

さらには民営化で良くなるどころか、様々な所が悪化の一途をたどっているようで、冗談じゃなく数年後には4社共倒れな悪寒。


企業も色々ですねぇ。
プロフィール

はたけ

  • Author:はたけ
  • 九州・福岡に生息するライダーもどき。
    同名の本家サイトで福岡市内のバイク駐車情報を掲載しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。