九州・福岡のローカルバイク情報を発信。特に市内の駐輪場情報を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九国「クルマの歴史と未来展」

九州国立博物館で「クルマの歴史と未来展」がやってると聞きつけ、見に行ってきました。

エントランスホールでの無料展示でしたので、そんなにないかなーと思っていたのですが、いやいや結構楽しめました。

最大の目玉はやっはりコレですかね。
iunit


愛知万博のTOYOTA館といえばコレというコンセプトカー「i-unit
車体には座る事ができたので、うほほっvと野次馬根性で乗ってみましたよ。
その時係員の方にしっかりと、操作部分には触れないように言われましたが(笑)
本音は乗り回してみたかった・・・
ノリは本気でゲームステックみたいですね。Willみたいな。
コンセプトカーはやっぱり各メーカーの夢が形になってて、いいですねぇ。
以前はどのメーカーもこれでもかと出してたのになぁ・・・・

ELIICA


慶應技術大学と企業が産学で開発しているリチウム電池自動車「Eliica(エリーカ)」
最高時速370Kmですよっww
その時最高速アタック状況の映像があったのですが、走っている走行音が、どっからどう聞いても車でなくジェット機。
今回初めて知った車なんですが、いや、エコカーもここまできてるんですね。


打って変わって最新技術から古き良き時代の一台。
ミゼット

言わずとしれた、ダイハツミゼット。
私はこのタイプのが一番すきですねぇ。本気で復刻しないかしら、このままで。


えふわん

なんか妙な者が乗ってますがキニシナイw
TOYOTAのF1です。それ以上は聞かないでくれい。
乗れるというので野次馬根性で乗り込んでみましたよ。
実際に乗り込んで分かった、すんごい狭い。
無論、コックピットはみっしり。
これはまだ横が展示用に開いてるから、本物は乗り込むというより入るといった感じゃないかと。

その他、車1台をパーツ毎にばらしたバーチャル工場見学など、なかなか楽しむことができました。
その後、2度目の常設展示の見学しましたが、前回来た時と幾つか展示物が変わってたので、十分楽しめました。
休館日には少しずつ展示物を入れ替えてるそーです。


今回、私の両親も同行していて、父親が身障者で足が悪いため車いすをお借りしたりしたんですが、駐車場入口ゲートから館内に至るまで、スタッフの方々の対応のすばらしさに感動しました。
その他、高校生ぐらいの学生も来館していて、まぁ格好とかは今時の若造だったんですが、エレベーターを待っているとさりげなくドアを開けてくれて、どうぞと先を譲ってくれまして。
いやいや、見た目で判断しちゃいけないなとつくづく思いつつ、捨てたもんじゃないなと思いました。

九国、また行くぞーっ!!



・・・今度はバイクの展示もやってくださいまし
コメント
いいですね
 九州国立博物館
 あの、売店のところにある体験コーナー。子ども向きですがなかなかのものです。最近の博物館は、展示するだけでなく「体験・ふれあい」を重視しているようです。ちなみに、水族館も博物館なんですよ。先日の旭山。マリンワールド。チュラ海。どこも同じようなコンセプトで体験コーナーが充実しています。
 バイクの体験コーナーなんて、楽しそうですね。
 ちなみに、湯布院には、バイクの博物館があったように記憶しています。
2007/01/19(金) 23:08 | URL | ドラえもん #AM34sMcQ[ コメントの編集]
九国の体験コーナーは「あじっぱ」ですね。
無料で入れるので、ここだけちょくちょく遊びにきてたりしてまして(笑)
展示品にあったコマが回せなかったのが今でも悔しい。
同様の体験展示が百道の福岡市博物館にもあったりします。ここも無料なんでちょくちょ(ry
百道のは以前はチョゴリとか着れたんですよねぇ(コスプレか)
マリンワールドはもう何年行ってないかしら・・・・

湯布院のは「湯布院二輪博物館」ですね。
http://www.geocities.jp/iwasita_c/index.html
海外のアンティークバイクを展示されてます。

私はどちらかというと、以前鈴鹿サーキットにあったホンダのコレクションホールをもう一度見てみたい。
http://www.honda.co.jp/collection-hall/
今はもてぎにあるんですが、いかんせん遠くてorz
2007/01/19(金) 23:57 | URL | はたけ #U8I.xumM[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はたけ

  • Author:はたけ
  • 九州・福岡に生息するライダーもどき。
    同名の本家サイトで福岡市内のバイク駐車情報を掲載しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。