九州・福岡のローカルバイク情報を発信。特に市内の駐輪場情報を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の呪文? PFI方式

何かと話題のこども病院移転問題。
つい先日、新こども病院の経営手法として導入予定だった「PFI方式」が急に導入見直しになったのは、この前お伝えしましたとおり。(「PFI方式?」お気の毒でございますw

その時に「お気の毒w」とまでコメントしてくれたPFI方式の先例、近江八幡市の市民病院の破綻ですが、同じくPFI方式を導入していた高知医療センターもやっぱりというべきか、破綻しました。

PFI=バルス(某ラピュタの崩壊の呪文)なのかもしれないw

経営難で「PFI契約」解消へ  高知医療センター
 民間資金やノウハウを活用して公共施設を建設、運営する「PFI方式」を導入した高知医療センター(高知市)が経営難となり、運営委託先の特定目的会社(SPC)と運営主体の高知県・高知市病院企業団が、PFI契約の解消を前提に協議することが16日、分かった。 同日開かれた企業団議会臨時会で、山崎隆章企業長が明らかにした。
 
 山崎企業長によると、SPCと企業団は今春から、経営改善に向けた検討に着手。今月8日にSPCが「合意によるPFI事業契約の終了」を提案し、企業団もこれに応じた。今秋をめどに合意に向けた協議を進める。

 病院は来年4月を目標に企業団の直営とし、これまでSPCに包括委託していた薬品の納入などについては、業者との個別契約に移行する。
 
 医療センターは2005年、全国で初めてPFI方式を導入した病院として開院。直営方式と比べてコスト削減が見込まれていたが、医業収益に占める薬品などの調達コストが、当初の見込みより大幅に上回るなど赤字で推移。08年度には約7億6千万円の運営資金不足に陥るなど、経営難が深刻化していた。
                        2009/06/16 13:32 【共同通信】


と、まあ、一体PFI方式のどこにメリットがあるのかと思わざる終えない結末ですね。
しかも破綻して赤字になった場合、補填は税金で補われ、民間業者には傷がつかないとか。
記事参考:勤務医 開業つれづれ日記・2)

そもそも福岡市が導入しようとしてたPFI方式。
よくよく思い出したら先例があるじゃないですか。タラソ福岡が。

しかもこれ、PFI事業として全国初の倒産した事例だったり。

タラソ福岡が破産手続き  PFI事業の閉鎖は全国初
 福岡市の健康増進施設「タラソ福岡」の藤井泰介社長は29日、記者会見し「需要予測を見誤り、経営が行き詰まった」として破産手続きに入ることを明らかにした。11月末で営業停止する。
 タラソ福岡は福岡市が初めてPFI(民間資金活用による社会資本整備)方式を導入した事業で、内閣府によると、PFI施設が閉鎖されるのは全国で初めて。
 福岡市臨海工場の余熱利用施設として2002年4月にオープンした。会員2000人以上を見込んだが、ビジター料金を800円と廉価に設定したため思うように会員が集まらず、開業当初から赤字が続いた。出資は中堅ゼネコンの大木建設(東京)など20社。
 累積赤字が2億4000万円になるほか、大木建設が3月に東京地裁に民事再生法の適用を申請、同社の支援も望めなくなり21日の取締役会で営業停止を決めた。
                    2004/09/29 09:44 【共同通信】

結局市が買い取ったのかな? 一応現在も営業は続けられていますが、まさに汚点。

タラソ福岡はPFI方式という事業形態だけが問題というわけでもないようですが(市の認識不足と経営を丸投げしチェックしてなかった模様)、とはいえ初のPFI事業の破綻例ではあるんですよね。

なのにまた持ってきていたPFI方式。
特に医療経営では殆どというか、成功例は皆無に等しいと思われます。
あったら教えて欲しいぐらい。

まあ、理由やきっかけはどうであれ、新こども病院への導入は見直しとなったんですから、あとはきっぱり「やめます」と決断できるかどーかですね。
・・・それか一番の不安材料ではありますが。
あの公約ポイポイ放り投げる我が市長ですしねぇ・・・やっぱり今頃見直ししても間に合わないから導入しますw なんて言い出しても驚きませんよ。ええ。

これだけの材料があって、まだ「PFI方式がいい!」という方がいたら、是非ともどこが良いのか聞かせていただきたいですな。

つーか、人工島への移転事態をやめろと--------------言っても無駄かなぁ。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はたけ

  • Author:はたけ
  • 九州・福岡に生息するライダーもどき。
    同名の本家サイトで福岡市内のバイク駐車情報を掲載しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。