九州・福岡のローカルバイク情報を発信。特に市内の駐輪場情報を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療崩壊の現れか? 医療資源の無駄遣い例

福岡市の公式サイトに掲載されている「市民の声」
市民からのご意見に対して関係部署から回答がくるというご意見箱のネット版。
駐輪場関連の話とかもたまに出るので、時々読んでいるんですが、どーにも引っかかるご意見がありまして。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/chiikiiryo/shiminnokoe/091009.html

城南急患診療所の対応について

平成21年9月受付

 常日頃、急患センター利用の際には困っています。今日も風邪ぎみの息子を連れて城南急患センターへと足を運びました。これだけ、新型インフルエンザが流行している現在、それについての対応が「消毒液2本」、熱が38度以上ある人とそうでない人との区別の為の「ついたて1枚」のみ。ついたてに何か意味はあるのでしょうか。そして たった3分の診察に待ち時間2時間。シルバーウィークに患者が多くなることは予想できたでしょうに、医師はたったの一人。これではただの風邪の子供がインフルエンザに感染してしまう恐れもあり、大変神経を使いました。発熱している患者とそうでない患者との待合室、診察室ともにきちんと別室に区別するべきです。インフルエンザの感染を拡大させないためにも医療機関がもう少し注意すべきではないでしょうか。

(早良区 ,30代 ,女性)

【お答えします】

 急患診療所につきましては、日頃より迅速な対応を心がけておりますが、お子様の急病でご心配な中、ご不快な思いをされたことを深くお詫び申しあげます。 ご指摘の「急患診療所の待ち時間」につきましては、本市といたしましても大きな課題と捉えております。特に急病の患者様が増える時期につきましては、医療従事者を増員するなどの対応を行っており、9月27日(日)からは、城南急患診療所につきましても、医療従事者の増員を図り体制強化に努めているところでございます。 また「待合室や診療室の分離」につきましては、現在、熱のある患者様にはマスクを着用いただき、他の患者様から出来るだけ離れた場所でお待ちいただくよう、ご案内をさせていただいております。各診療所施設の状況によって、衝立による区分や、別室を設けるなどの対策をとらせていただいておりますが、9月27日(日)からは、城南急患診療所につきましても、診察室を1室追加し感染防止対策を強化させていただいております。 今後も、患者様の二次感染の防止に努めて参りますので、どうぞご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。
お問い合わせ
部署: 保健福祉局 保健医療部 地域医療課
住所: 福岡市中央区天神1丁目8の1
電話番号: 092-711-4264
FAX番号: 092-733-5535
E-mail: chiikiiryo.PHWB@city.fukuoka.lg.jp


ツッコミ処は赤太字にしてます。

よーは

シルバーウィークという大型連休中に、ただの風邪の息子を急患センターに連れて行ったら、2時間待ちの3分診療の上に新型インフル患者がわんさかで、うちのカワイイ息子が危険だろ( ゚Д゚)ゴルァ!!


ということらしいです。

ちなみに城南急患診療所というのは、城南区役所横の城南保健所内に設置されている休日の急患診療を行う所です。
各区の保健所にも設置されてます。
なお、急患センターといったら、百道にある「福岡市急患診療センター」というのもあります。

さてさて、確かに入院の必要のない「ただの風邪」(ご自分で何度も仰ってますから)との事ですので、1次救急の急患診療所を利用されたのは良しとしましょう。
ただね、自分でただの風邪と判断できるよーな症状ならば、自分で言ってるよーに「シルバーウィークに患者が多くなることは予想できた」でしょうから、何故2時間待ちの3分診察で怒るのか理解できません。
しかも世は新型インフル流行中。
新型インフルがこれだけ流行っていれば、病院に行くと感染する確率があがるのは素人でも判断できるんですけどねぇ。
というか、回りでは「ただの風邪」レベルならば、市販薬を飲ませて自宅で療養させ様子を見る、だって下手に病院行ったら新型インフル貰ってきそーだから、という実に賢明な判断をされてる方も多いんですけどね。
ていうか、どうやら高い発熱があったようでもなく「ただの風邪」レベルで急患診療所に行くかなぁ。
咳と鼻水と微熱ぐらいなら、下手に病院行くより風邪薬飲ませて、家で暖かく静かに静養させるのが一番だと思う二児の一応母なんですが。
や、これが喘息持ちとかの基礎疾患をお持ちのお子さんなら・・・・いや、そういう方ならまずはかかりつけ医に相談されるか。

また医師がたった一人とお怒りのようですが、この医師不足の昨今、小児科医は特に少なくなっている診療科の一つです。
ですから、おいそれと小児科医を招聘できる状況でもなく。


まぁ、何が言いたいかといいましたら。


こうやって医療資源の無駄遣いで医療崩壊は進むんだなぁと。

彼の日に城南急患診療所を担当された先生、お疲れさまです。

コメント
んー、とても考えさせられる問題を提起されていますね。いろいろな考え方があることを踏まえた上で・・・。
まずは、感謝の気持ちを持ってほしいですね。休日・夜間など、大勢の患者が急な症状で訪れるセンターで対応していただける。それこそがありがたいことだと感じます。以前、まだ急患センターなどなかった時に、夜中に高熱を出した、喘息の発作が起きた、そんな息子を抱えて右往左往したことを思い出します。今は、とにかくどんな時でも専門職である医師の判断を仰ぐことができる。そのことでどれだけ安心できることかわかりません。
この書き込みをされて方も、わが子が熱を出してきっと心配だったのでしょう。しかし、あまりにも「自分」だけを考えすぎているように感じます。
今の世の中の風潮なのでしょうか?自分が損をする。自分が・・・。自分が・・・。
そんな姿を強く感じました。
情とか人情とか、そんな言葉はどこに行ったのでしょうね?
2009/10/22(木) 22:34 | URL | ドラえもん #mQop/nM.[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
こんにちはドラさん。

私自身も何度か急患センターのお世話になった事がありますし、娘も大晦日も年越し間近の時に、骨折して急患センターでcountdownで年越しした事もありました。
・・・・あれはマジで勘弁してほしかったよ娘 orz

医療資源というのは、薬ではなく医師や看護師、麻酔医や薬剤師などのマンパワーに、ベッド・人工呼吸器・ICUなどの医療機器なども全てを含めてなんですが、聞くにつれ本当にこの国の医療体制はどうしたいんだろうと首を傾げるばかりです。

休日に医師に診察してもらえる、実にありがたい事です。
ただ、本当に急患の方の為に緊急的な措置をするための施設ですから、どーにも「ただの風邪」で利用するのは納得がいかないんですよねぇ。

ちなみにこれが百道の急患センターだったり、二次救急の病院だったりしたら(ノ`д´)ノ~┻━┻ ものですが。

「情けは人の為ならず」
2009/10/23(金) 00:58 | URL | はたけ #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はたけ

  • Author:はたけ
  • 九州・福岡に生息するライダーもどき。
    同名の本家サイトで福岡市内のバイク駐車情報を掲載しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。