九州・福岡のローカルバイク情報を発信。特に市内の駐輪場情報を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜の白バイ出撃

あけましておめでとうございます。
サボりがちな本家とブログではありますが、今年もよろしくお願いいたします。

さてさて、新年一発目のネタは、この前主任から聞いて気になってたコレを。

暴走族対策:闇夜に光る白バイの目 苦情110番激減 「原則禁止」に福岡・東署挑戦

 暴走族の団体数が59と全国一の福岡県。特に騒音被害が深刻な福岡市東区では、福岡・東署が今秋から暴走族対策として県内では初めて、白バイ隊の常時夜間パトロールを実施している。直後から騒音苦情の110番が激減するなど効果は上々。白バイによる夜間の交通取り締まりは昼間より事故の危険性があるため、全国でも異例という。

 東区は、志賀島や海の中道など暴走族が好むコースが多く、特に年末年始の騒音被害は深刻。県内で今年1~11月に寄せられた暴走族に関する110番は約8000件。このうち東署管内は705件と全体の約1割を占め、県内34署でワースト1を記録した。

 「暴走族の東」。そんな汚名を何とか返上しようと頭を悩ませてきた東署の伊豆丸勉・交通管理官が思い付いたのが、県警が危険性を考慮して原則禁止してきた白バイの夜間パトロールだった。安全性確保のため(1)パトロールには警部以上が同行(2)白バイの単独走行はしない(3)実施前には2日間以上の夜間訓練を実施--などの条件をつけることで10月8日からの実現にこぎつけた。

 効果は目に見えて現れた。9月に68件(県内ワースト4位)だった暴走族被害を訴える110番が11月には16件(同12位)まで激減。パトロール中に、窃盗容疑で逮捕状が出ていた元暴走族の少年(20)を見つけて逮捕したり、無免許や整備不良などで約30件を検挙するなどの成果も上がった。検挙された少年たちは「まさか夜に白バイがいるなんて」と目を丸くしていたという。

 白バイ乗車歴10年以上で今年の県警安全運転大会で2位になった東署交通1課の添田晃弘巡査部長(52)は「夜間走行は目の疲れなどが影響して肉体的な疲労も昼間の1・5倍ほど感じる」とその難しさを語る。

 県警交通指導課によると、期間限定で夜間に白バイを出動させるケースは他県警でもあるが、常態化は珍しいという。県内では県警博多署が歓楽街・中洲(同市博多区)で暴力団対策として白バイによる夜間パトロールをしているが、交通取り締まりが目的で実施するのは東署が初。

 同署の松島浩司・交通1課長は「住民の声である110番が減っているのが何よりもうれしい。事故は絶対に起こさないという決意を持って今後も続けていく」と話している。【近松仁太郎】

2010年12月21日≡毎日jp オッショイ!九州≡


他の県警では「黒バイ隊」や「ハヤブサ隊」などという、覆面白バイが存在してますが、東署のはまんま白バイでの深夜取締なんですね。
でも、抑止効果は暗闇に白と赤色灯ですから、そりゃもうインパクトは大きいかと。

白バイは、基本夜間は取締を行いません。
が、それを押しての事ですから、異例なんでしょう。
でも、取締は志賀島方面ですが・・・・・たしかに、族共がよく行く場所ではあるんですが、その他に普通の一般ライダーが、自販機に集まってだべるだけっていう方も多いんですよね。
以前は、志賀島入口のお店にある自販機前が定番で、お店の方もご厚意で場所使用を黙認されてたけど、1人の馬鹿者の行動と、マナーの悪い人が増えたたため、現在は使用できなくなったと聞いてます。
今は、休暇村が多いようで。

・・・・多分、こっち狙いってのもあるんでしょうねぇ。

個人的には悪くない試みではあると思います。
族バイクをおっかけるパトカーの「とまりなさーい」連呼は空しいし、うるさいし。
同じ機動力のあるバイクで、しかも乗ってるのは百戦錬磨の白バイ隊員ですから、こちらの方が絶対怖いw

効果も上がっているようですから、もしかしたら東より族は多いと思う西署も検討してたりするかもですねぇ。


でも、バイク乗りとしては、やっぱり遭遇したくないなーというのが本音ですがww
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はたけ

  • Author:はたけ
  • 九州・福岡に生息するライダーもどき。
    同名の本家サイトで福岡市内のバイク駐車情報を掲載しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。